福岡出張で大誤算

福岡出張で大誤算

 

空き家、空き室等の調査エリアが地元でなくなってくると、この現状を打破しなければいけないという危機感が爆発したのか、突然社長が、福岡でも同様の調査をするぞ!と言い出しました。

 

 

福岡で私たちの会社と同様のビジネス形態でやっている会社はないはずだと。

 

 

福岡のマンションは、実需(実際に住むから購入する人)で買っている人ももちろんいるが、
バブル期に投資目的で高値で買ったはいいものの、値段が崩れに崩れどうしようもなくなっているものも多いと。

 

 

うちの会社は社長のワンマンで、社長の発言=決定なので、さっそく福岡出張組が編成されました。その福岡組に私は2番手に指名され向かうことになりました。

 

 

福岡に向かうとアパートと原付が用意されてありました。

 

 

仕事内容は今までと同じ。福岡中を回りマンション(福岡はマンションのみ)の空き室を調査その情報を毎日会社にメールで送る業務でした。

 

 

個人的な感想になりますが、正直福岡の分譲マンションの空き家率は高かったです。大型のマンションになると空き家率40%とかざらにありました。

 

 

これは嬉しい誤算というか、社長の言っていることは正しく宝の山かとも思えました。

 

 

2週間の出張を終え500件ほどのマンションの空き室情報から所有者を特定。早速アポイントを取ろうと連絡をしてみるがリアクションが良くありません。

 

 

地元福岡の会社ではないから信用できないであるとか、福岡からそんな遠いのに迅速に対応してできるのかとか、そんな無断で空き室調査している会社信用できないだとか、色々言われまったくアポイントが取れませんでした。

 

 

はじめはアポイントが取れれば福岡まで飛行機で行くと言っていた社長も、面倒臭くなったのか福岡の話はしなくなりました。

 

 

結果数百万円と1か月の時間を無駄にしただけで福岡調査は終わりました。

 


トップページ お問い合わせ