銀行一般職を辞めるまで(退職記)

トピック!!!

 

仕事を辞めたいと思ったときに1番最初にやるべきこと

 

自分に向いている仕事を見つける方法

 

 

 

銀行一般職を辞めるまで(退職記)記事一覧

私が銀行(メガバンク)へ入社するきっかけは○○だった

私が銀行に入社するきっかけになったのは、大学の掲示板に推薦の募集があった事です。それを友達が見つけて一緒に応募したのが始まりでした。それまでに1社銀行を受けていたのですが、試験で落ちてしまっていました。銀行へ行きたいという願望はなかったのですが、親は銀行に就職してほしいと思っていました。落ちたのが地...

≫続きを読む

資格勉強と業務の両立で大変だった事

銀行に入社して、一番に苦労した事は、新しい業務と資格を取る為の勉強でした。窓口業務では販売資格というのが、様々必要でした。そのため、毎日仕事が終わったら試験勉強をしていました。また、銀行内での試験もありそれに追われる毎日でした。日々の仕事で覚えることはたくさんあり、新人だったので、その日に覚えた事を...

≫続きを読む

ノルマと人間関係の悩み

銀行は上下関係のとても厳しい社会だと思います。支店長が絶対的な存在で、だれも意見できませんでした。私の支店の支店長はとても売り上げに厳しく、毎日のように数字を詰められました。私は一般職で入社したのですが、総合職との区別はありませんでした。クレジットカードや投資信託の売り上げを、一般職でも関係なく要求...

≫続きを読む

銀行は女性社会?!仕事を教えてもらえない風潮について

新しく仕事を覚えたい時に、私はとても苦労しました。銀行は常に時間に追われる業務ばかりで、なかなかゆっくり質問ができるような状況ではありませんでした。それはわかっているのですが、合間をみて質問をしても、あからさまに迷惑な顔をされたり、自分で調べるように怒られたりしていました。もちろん自分で調べることは...

≫続きを読む

銀行パートさん同士の揉め事について

銀行のハイカウンターと呼ばれる、入出金や振り込みなどをする行員は主にパートさんが占めていました。社員は運用や販売がメインでした。パートさんのほとんどは、元銀行員の方でした。結婚や出産で一度退職されて、パートとして働かれていました。なので、とても仕事のできる方が多かったです。年配のパートさんは社員以上...

≫続きを読む

銀行の飲み会は体育会系でしんどいものです

銀行の飲み会はまさに、体育会系の飲み会でした。忙しい中でも2カ月に1回ほど、支店全員での飲み会がありました。私はそれがとても苦手でした。新人は支店長の隣に座らされて、上司にお酌もしなければならないのでとても苦痛でした。基本ずっと仕事の話でした。お店の手配もすべて新人の仕事です。春は必ずお花見があって...

≫続きを読む

銀行のお局に対しての付き合い方

私の支店には、45歳のお局の先輩がいました。とても厳しい先輩でした。入社したころは話もしてもらえませんでした。その人は雑用はほとんどせず、楽な仕事だけを選んでしていました。けれどそれを指摘できる人はだれもいませんでした。支店長でさえ、見て見ぬふりをする程でした。その先輩に目をつけられて辞めた人はたく...

≫続きを読む

体調を崩しても無理をして働かされる職場

私は一度仕事中にぎっくり腰になり、途中で抜けて病院に行った事がありました。原因は冷房のあたり過ぎでした。銀行は夏場かなり冷房がきついので、そのせいでした。痛み止めを打ってもらってそのまま帰るつもりだったのですが、病院に支店長が来ました。心配でかけつけてくれたのかと思ったら「戻れるか?」と言われました...

≫続きを読む

毎日時間に追われる業務内容について

銀行のイメージは3時に閉店して、楽だと思われているようですが、実際は3時からが時間との戦いでとても大変でした。お金を合わせて小切手を持ち出してとやることに追われます。閉店までも、常に時間に追われているので、一日中バタバタとしていて、一日があっという間でした。気づけば1度もトイレに行けない事も多々あり...

≫続きを読む

銀行を辞めたいと悩み辞めるまで

私は約2年で銀行を辞めました。両親にははじめとても反対されました。銀行で働いているというのが、誇りだったのだと思います。けれど徐々に仕事に行くのが、しんどくなってしまい自律神経失調症になってしまいました。その時、親にはじめてもう辞めたほうがいいと言われました。体を壊してまで、働く必要はない。もっと自...

≫続きを読む


トップページ お問い合わせ