アパレル辞めたい

 

当カテゴリでは、アパレル職で働いていた方の、
入社〜退職までの体験談を10記事でまとめています。

 

 

アパレルを辞めたいと悩んでいる方は必見です

 

 

是非、ご参考にしてください。

 

アパレルを辞めたい(退職記)記事一覧

私が入社したのは、某大手アパレル会社でした

私が就職したのは、アパレル業界でもかなりの大手である、U社です。入社のきっかけは、結婚を考えてのことでした。学生時代に、U社でアルバイトをしていたこともあり、仕事内容は理解しているし、自分のやる気次第で給与もアップさせることができる。更には、結婚しても、子供ができても、福利厚生もしっかりしている会社...

≫続きを読む

管理者になってからの仕事の変化

まず、管理者になってから変わったこと。それは、金銭管理とクレーム処理などを行うことになったことでした。U社は、返品交換も3か月という長い期間受け付けることもあり、ほとんど毎日返品交換の処理が発生していました。私はその度に自分のやっている業務を止めて対応していたんです。中には、いろんなお客様がいて、旅...

≫続きを読む

何よりも難しいのが、クレーム対応

もう一つは、クレーム処理。クレーム処理にも、商品に対することと、店舗での接客に対してという2種類がありました。まずは商品に対してのクレーム。私たち店舗のスタッフは、本社でデザインされ工場で作られ、店舗に納品されたものを販売するだけ。しかし、お客様には、そんなことはどうでもいいんです。買ったものが、思...

≫続きを読む

接客業だからこそ、お客様を大事にしなければならない。

接客業として、何より大切なのは、お客様の目線に立つこと。どうしても店舗での仕事は、次から次に新しい業務がでてきます。清掃、新商品の品出し、売れ筋商品の追加発注、陳列変更、商品整理などなど、一か所を終わらせても、次から次へと進めていかなければ、就業時間内には終わりません。そのため、スタッフの中には、一...

≫続きを読む

お客様の声の本質を考えてみるとみえるもの

お客様が、「○○さんの接客がよくなかった」という言葉を発することには、2つの意味があると思うんです。一つは、本当に接客の対応が嫌だったり、ムカついたり、腹が立って仕方なかった時で、一言言ってやらないと気が済まなかった時。もう一つは、お店を利用する上で、ここを直してくれたらもっとよくなるのに…という期...

≫続きを読む

アパレルの仕事を辞めたいなと思い始めた瞬間

私は、U社に7年勤務しました。その間に、2回退職を考えた瞬間がありました。1回目は30歳になるかならないかという、人生の節目に立った時でした。このまま、U社でずっと接客をしたり、クレーム処理をしたりをし続けるだけでいいのか?自分は何をしたいのか、などをひたすら考えるようになっていました。給料も残念な...

≫続きを読む

転職活動を中止してから何か変わった??

転職活動を中止して、もう一度、仕事に真剣に向き合いました。こうなったら、仕事をとことんまで頑張って、店長になろう!という目標を持つようになりました。店長になることを目標とした途端、仕事の量が一気に増えました。それも、覚悟で仕事への取り組み方を変えたので、当然といえば当然なんだけど、なんだか職場の雰囲...

≫続きを読む

目標を持つことは悪いことなの?

新人スタッフの教育、育成既存スタッフの育成、動機づけ自分には関係ないと言えれば楽だったのかもしれないけれど、チームワークが必要な仕事だからこそ、スタッフの商品知識などの教育が必須でした。自分が店長になって、出世していくよりも、まずは仕事ができるスタッフを育てて、任せられる環境を作ることを優先しなけれ...

≫続きを読む

先輩に理解してもらえない歯がゆさ

店長になるんでしょ?まだ、そんなこともわからないの?やる気あるの?後輩スタッフが成長しても、それには目もくれず、私は先輩管理者から、こんな言葉を毎日のように浴びせられるようになりました。その言葉に傷つきながら、なるべく言われないように、怒られないように、先を先を読みながら、顔色を伺いながら仕事をする...

≫続きを読む

もう仕事ができない.。アパレル職を辞めるしかない

慢性疲労症候群と診断され、通院の日々が始まりました。その間、不安と動悸とめまいなどから、仕事に行くことができなくなりました。会社からの連絡が来るだけでも、過呼吸を起こしかけるなど、完全に仕事に戻れない状態になってしまいました。こんな状態では、会社に迷惑がかかると思い、店長に退職を願い出ました。「一旦...

≫続きを読む


トップページ お問い合わせ